白菊保育園について

保育教育の理念

保育園に集う全てのひとが笑顔と信頼で結ばれ安心して過ごすことが出来る園でありたい。

笑顔

信頼

安心

白菊保育園とは

望ましい子ども像

子どもの最善の利益を考慮し、個々の発達に応じた豊かな環境や経験の場を提供しながら、子どもの「気づき」「学び」を大切に、健康で明るく、思いやりのある自主性を持った子どもの育成を目指します。

元気で明るい子ども

元気で明るい子ども

友達と仲良く遊ぶ子ども

友達と仲良く遊ぶ子ども

よく見、よく聞き、よく考える子ども

よく見、よく聞き、よく考える子ども
運営方針

白菊保育園は以下の運営方針に基づき、保育事業や子育て支援を行うことを目的とします。

  • 本園は、園児に良質かつ適切な保育と健やかな成長に必要な環境を提供します。
  • 本園は、園児の気持ちや人格を尊重し、常に園児の立場に立って保育を提供します。
  • 本園は、園児の健全な成長のため、地域、家庭、行政ほか関係機関との連携に努めます。
  • 本園は、児童福祉法や子ども・子育て支援法など子ども・子育て支援に関する法令等に従い、適切な施設運営を行います。
保育の目標

子どもの健やかな成長を促すために環境の整備充実に絶えず気を配ると共に、子どもの発達に応じた保育を工夫しながら提供します。

  • 十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を満たし、生命の保持及び情緒の安定を図ること。
  • 健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培うこと。
  • 人との関りの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、自立及び協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培うこと。
  • 生命、自然及び社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培うこと。
  • 生活の中で、言葉への興味や関心を育て、話したり、聞いたり相手の話を理解しようとするなど、言葉の豊かさを養うこと。
  • 様々な体験を通して、豊かな感性や表現力を育み、創造性の芽生えを培うこと。
その他こんなことを大切にしています
  • 園周辺の恵まれた自然環境を保育に取り入れ、園外散歩や操山の散策、虫捕りや魚とり等を通して、子ども達に小動物や植物等への興味、関心を持たせ自然環境に対する親しみや愛情を育てます。
  • 毎月1回、外部専門講師を招いて絵画、音楽の指導を受けています。造形活動、鼓隊演奏等意欲的な表現活動を通して、感性豊かな子ども、集中力や協調性を持つ子どもを育てます。
  • 4歳児、5歳児は週1回、外部専門講師を招き体操指導を受けています。運動をコントロールする能力が著しく伸びる幼児期に、身体を使って遊ぶ楽しさ、運動に対する興味を育み、友達とのふれ合いの中で心と体の健康な子どもを育てます。
  • 5歳児は月2回、外部専門講師による英会話教室を受講しています。幼児期に目と耳と体でネイティブスピーカーの英語に触れることにより、英語や外国の人に対する抵抗感を少なくし小学校での英語教育にスムーズに繋げたいと思います。

法人のご案内

社会福祉法人 操陽会

白菊保育園の職員構成

理事長・園長 湯浅 禮行 副園長 1名
事務長 1名 主任保育士 1名
副主任保育士 7名 保育士 27名
主任栄養士 1名 栄養士 1名
副主任調理師 1名 調理補助 1名

法人沿革

昭和43年9月 財団法人白菊会発足 理事長 湯浅啓一
昭和44年4月 白菊保育園開設 定員60人(幼児54人・乳児6人)
昭和49年4月 保育室を増築。定員90人(幼児81人・乳児9人)
平成4年4月 定員120人に増員(幼児108人・乳児12人)
平成10年10月 社会福祉法人操陽会が財団法人白菊会を引き継ぐ
平成10年12月 園舎老朽化の為全面改築にはいる
平成11年11月 新築移転園舎完成
平成14年4月 定員150人
平成15年4月 定員180人
平成18年4月 南館保育室増築
平成25年4月 定員200人
平成27年4月 認可定員250人(預かり可能な最大人数)
利用定員200人
平成29年8月 隣接する土地・建物を借り入れて保育室を増設